2009年01月10日

この凄さがわかる人間でいつもいたい



http://www.nicovideo.jp/watch/sm5685746

「この凄さがわかる人間でいつもいたい」

コメでどっかの誰かが書いているんだけど。名言。同感。

ニコ動を見始めたのは、とかち大盛。ただ「とかちつくちて」を繰り返すだけなのだが、動画と音声のつなぎにアナログ時代では考えられない技術があった。

アナログ時代に音声動画を繰り返しつなぐということは、テープを何度もダビングして何度もミキシングしてという作業を繰り返すことになる。

だが、デジタルではコピペ。とはいえ、滑らかにつなぐには、それなりの知識とツールが必要になる。それを知っている人がいる、ネットの向こうには。

自分の常識は他人の奇跡。その萌芽が、大盛にあった。

直感した。これは時代が変わると。

そして、「祭り」の空気を時間と空間を越えて伝達する、流れるコメントという仕組み。HTMLやBBSでは実現できない、Flashならではの技術。

そして、それを支えるサーバとネットワークの技術。

ニコ動は、既存の動画配信を根底から覆す。そして、感動を配信するスキームを覆す。社会を変える。

あけまして、おめでとう。

posted by 果科そば at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。